日本計量生物学会トップページ > お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ 詳細

トップページ お知らせ一覧

意見提出のお願い

会員・連携会員 各位
日本学術会議協力学術研究団体 御中

日本学術会議会長
イノベーション推進検討委員会委員長
金澤 一郎

1.趣旨
   日本学術会議は、「イノベーション推進検討委員会」を設置し、第1回会合を10月30日に
開催しました。この委員会では、2025年の日本がどのような社会になっているのかを想定し、
それに伴う障害の状況、あるいは社会の理想の実現に向けて達成すべき事項について検討
をします。そのような観点から、世界と日本の将来を見据え、我が国の活力の向上と世界的
な課題の克服のため、推進するべきイノベーションとはどのようなものか、従来の発想を転換
し、革新的な変化をもたらすようなイノベーションを起こしやすい条件や環境はどのようなもの
かについて俯瞰的に検討することを目的としています。
検討結果については、「イノベーション25」1)をとりまとめている「イノベーション25戦略会議」
2)に私から提言する予定です。
   この度、委員のみならず日本学術会議全体の知恵を結集し、審議の参考とするため、2,200
名の会員・連携会員及び日本学術会議協力学術研究団体に対し、推進するべきイノベーション
及びイノベーションを起こす条件・環境について、具体的なアイデアを募集することにいたしました。
   いただいた御提案は、個人名等は削除した上で、様々な形で活用させていただきますので、
御理解をよろしくお願いいたします。
   皆様におかれては、是非御協力をお願いいたします。

注)ここでいうイノベーションとは、単に技術の革新、新しい技術の開発だけでなく、これまでのモ
ノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に
大きな変化を起こすことを指します。

2.対象
  (1)会員・連携会員個人及び各種委員会
   ・個人で提出されても結構ですし、委員会等でとりまとめられて提出されても結構です。
  (2)日本学術会議協力学術研究団体(学協会)

3.提出期限
   11月15日(水)中に提出してください。
   第2回イノベーション推進検討委員会を11月21日(火)に開催しますので、その際の審議に
使用いたします。なお、期限後でも受付けますので、是非御提出をお願いいたします。

4.意見の提出方法
   1)次のURLにアクセスし、記入要領、様式、例示をダウンロードしてください。
     http://www.scj.go.jp/ja/info/iinkai/innovate/yoshiki.xls
   2)様式に記入をしていただき、添付ファイルにして、次のメールアドレスに送信してください。
     日本学術会議「イノベーション推進検討委員会事務局」宛
     メールアドレス(受付専用):scj.innovation@car.ocn.ne.jp
   3)本件照会先
     日本学術会議事務局参事官室課題別委員会担当 飯野、臼井
      電話 03-3403-1056

注1)「イノベーション25」とは、安倍政権の所信表明演説に盛り込まれた公約の1つであり、20
25年までを視野に入れた成長に貢献するイノベーションの創造のための長期的戦略指針のこと。
      *首相官邸 イノベーション25 ホームページ
       http://www.kantei.go.jp/jp/innovation/index.html
注2)産学の有識者からなる会議。今後、第1段階として、平成19年2月までに、イノベーションで、
2025年の国民生活が、安全性や利便性の面も含めて、どう良くなるのかを分かりやすい形で示
すとともに、そのためにどのようなイノベーションを目指すのか等についてとりまとめる予定。

【問い合わせ先】
      日本学術会議事務局参事官(審議第二担当)付
              (Tel:03-3403-1056, Mail:s254@scj.go.jp