日本計量生物学会トップページ > 学会誌 > 学会誌 総目次 > 学会誌 詳細

学会誌 詳細

学会誌 総目次へ

29巻 特別号 1

目次

 

2008.7

編集者の序:計量生物セミナーの内容と狙い
  上坂浩之・森川敏彦 1
プログラム
臨床試験における多重性
多重検定の基礎理論
  三輪哲久 5
臨床試験における多重性問題への統計的接近法
  森川敏彦 15
適応的デザインの基礎理論と適用例
第2・3相における適応的計画の基礎理論
  杉浦賢吉・上坂浩之 33
第2相における適応的デザインの適用例
  森田智視 53
QT延長を評価する試験デザインと統計的評価方法
QT延長を評価する試験デザインと統計的評価方法
-背景とQT間隔の補正-
  渡橋 靖 61
QT延長を評価する試験デザインと統計的評価方法
-QT試験の事例紹介-
  里井洋一 69
Thorough QT/QTc試験のデザインに関する留意事項
  渡橋 靖 75
Thorough QT試験におけるQT延長作用の統計的解析法
  里井洋一・上坂浩之 83
検証とは何か
討論資料:検証について 編集者の言葉
  上坂浩之 97
問題提起:検証とは何か?-検出力の観点から-
  森川敏彦 99
森川論文へのコメント
  丹後俊郎 107
討論意見
  西 次男・前原敏彦・萩野篤司・上坂浩之 109
付録
ICH HARMONISED TRIPARTITE GUIDELINE
THE CLINICAL EVALUTION OF QT/QTC INTERVAL PROLONGATION AND
PROARRHYTHMIC POTENTIAL FOR NON-ANTIARRHYTHMIC DRUGS E14
    113